So-net無料ブログ作成

さよなら、新潟。 [ぽぽライフ]

いよいよ上越とのお別れの時が迫ってまいりました。

今日も作業に追われる一日。

ベランダを開けっぱにして掃除。

時々にゃんこチェックしないとお隣に行ってしまわないか気になります。

アレレ??

いないぞー!!


P1040626_R.JPG

ゴソッ・・・

あっ!?


P1040627_R.JPG

りんごみーっけ!

あっ、バレました。

とこんな具合にやっぱり今日も邪魔してみたり。

なんと、今日は午後から晴れたのです!

久々の太陽が!!


嬉しくてりんごが何度もゴロンゴロン♪

P1040639_R.JPG

P1040636_R.JPG

P1040632_R.JPG

ふふふ、良かったね。

今週末。

いよいよお別れです。


P1040619_R.JPG



デパート無くてへこんだ。

友達一人も居なくて淋しかった。

なれない雪かき辛かった。

お台所狭くて苛立った。

お風呂小さすぎてダーと一緒に入れないじゃんかよぉ!!

下の人のいびきがスゴ過ぎて眠れない日々。
(ホントに凄いんだよー、アレは人じゃない、猛獣だよ)

っ寒い、寒過ぎるんだよぉー!!



でも、でも。 なんだか淋しい。 間違いなく帰りたい。けど、なんだか淋しい。




お魚の本物の味を知った。

お野菜、果物、何もかもが旨すぎる。

毎日天然水で炊いたコシヒカリの味。

山に海に・・・

四季を感じる風景。

暖かい温泉。

豪雪さえも愛おしい(いや、ソレはどうかな??)



旅行で数日過ごしただけじゃない。

住んでみて初めて解る事。


みんな、ありがとう。

辛かった事も楽しかった事もみんなひっくるめてありがとう、

新潟県。

もしも、なんかやらかして逃げるとしたらーーーきっとここでしょうか。

上越市。

さよなら。

忘れない。

P1040457_R.JPG

作業開始です! [ぽぽライフ]

P1040551_R.JPG


ガオガオガオーーーゴゴゴーーーー

毎日ご苦労様です。

一度落ち着いた日があったのに、またまた大雪です。

あっという間に真っ白に。

そんな日々ですが。。。

P1040545_R.JPG


いよいよ荷造りに取り掛かりました。

そしてすぐにジャマする子がいるんです。

袋に入ってペロペロしたり、

いつもと違う様子にバタバタと駆け廻りなんだか興奮状態です。

そして遂に・・・

P1040592_R.JPG

あー!やめてよぉー何するんですか!!


心配そうなりんごの視線の先には・・・


P1040587_R.JPG

そう。

遂にりんごのタワーを解体中。

でも最近では寒いからでしょうか、コタツに入ったまんまなので殆どタワーに登っておりません。


P1040575_R.JPG

ほーらね。


P1040603_R.JPG


箱の中には新潟各地のお出掛けマップや情報誌が沢山。

ついつい手を止めて見入ってしまいます。

「あーここ行ったよね~」

「コレ超美味しかったよね~」

なんて独り言。

ちょっぴりしんみりしたりして。

長いような短いような2年間がもうすぐ終わります。

天下の険!! [上越の向こう]

雪が少ない!なーんてノンビリしていた1月の中頃。

ちょっとお出掛け。

P1040501_R.JPG

解りにくいですが崖です。


P1040507_R.JPG

ぽぽが立っているのはこのキレイな道路→「親知らずコミュニティロード」です。


P1040513_R.JPG


その真下は崖です。


ここは上越のお隣糸魚川市。

「親知らず子知らず」って聞いた事ありますか?

以前、ダーのクラスの子供らが合唱で歌ったと聞いて存在を知りました。

とても悲しーい暗ーい歌なのです。


 地名の由来はいくつかあり、

1.北陸道最大の難所で、断崖絶壁と荒波が旅人の行く手を阻み、波打ち際を駆け抜ける際に親は子を忘れ、

  子は親を顧みる暇がなかったことから親知らず・子知らずと呼ばれるようになった。


2.平清盛の弟、頼盛の夫人が夫の後を慕って親不知を通りかかった折、2才の愛児をふところから取り落とし、  
  
  波にさらわれてしまった際に悲しみのあまり詠んだ「親知らず 子はこの浦の波まくら 越路の磯の あわと   
  
  消えゆく」という歌が由来になった。


などという説があるそうです。


P1040511_R.JPG


コレはレプリカですが、ここまでくればもう大丈夫ってことで

「南無遍照金剛」と彫られているそうです。

今では本物はもう見られません。(多分)


そんな険しい道なき道も明治16年に大工事されました。


P1040504_R.JPG


工事は困難を極め遂に完成するのですが、その時の喜びを岩肌に掘った訳です。

「如砥如矢」 (砥の如く矢の如し) 砥石の様に滑らかで矢の様に真っすぐと言う意味だそう。

その後昭和48年に国道8号天険トンネル開通に伴いこの道はコミュニティロードになったそうです。


P1040516_R.JPG


現在の海の上を走る様に作られた道路。

曲がりくねっているし大型車が多いのでたまに事故が発生しております。

特に雪の多い今は出来れば近付かない方が良いと思われます。


さて、とうとうこの地でのお出掛けはコレが最後となりそうです。

もっと行きたいとこ沢山ありますが時間切れです。

2月に入りぼちぼち荷造り開始かなぁ。

今日クロネコの小さな引っ越しも頼みました。


P1040538_R.JPG

りんちゃんの大事なタワーも解体して箱詰めだよ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。